MENU

不妊治療の経験者が、全く知識がない状態から子供を授かるまでの過程

わたしは子供がほしくて、

不妊治療 〜基本から高度治療までの5つのステップ

 

不妊治療には多様にな段階があります。
最初のステップで妊娠しない際は、次のステップに進み、から効果性のある治療を行います。
検査の結果によっては、初めからステップ3の治療を行なう折もあります。
基本から高度治療までの3つのステップ

 

 

体調を整える

当然ですが、女性の体は非常にデリケートです。
妊娠するためには、女性の体調管理は必須となります。

 

 

好機療法

 

不妊治療の基本となる治療です。
刻限療法とは排卵日を予測して性生活の刻限を指導するものです。
排卵誘発剤で排卵を起こすときや人工授精を行なう際もタイミング設定療法がベースとなります。
不妊の原因に合わせて薬剤を用いる場合もあります。

 

排卵日を予測するアプローチ

 

?基礎体温表
過去の性分からおおまかな排卵日を予測します。
低温〜高温への移行期に排卵していると考えられています。

 

 

?卵胞の大きさを超音波で認証
卵胞の直径が20mmを超えると排卵が近いといわれています。
補助的に血中排卵ホルモンを測定し卵胞1個あたり200〜300pg/mLぐらいの値になっていれば成熟していると見解できます。

 

 

?子宮頸管粘液(おりもの)が増える
排卵が近くなると卵胞ホルモンの働きにより一層子宮頸管粘液が増えます。
頸管粘液は精子が膣に侵入するのを助ける役割があります。

 

 

?尿中LH
排卵はLHサージが引き金となってピークの16〜24道のり後に起こります。
尿中LH検査薬は薬局で発注されており、自宅でも拝見できます。

 

 

 

排卵日を予測する方法

 

不妊症検査

 

 

 

女性が受ける主な不妊検査

 

月経周期に合わせて行います。要素は重なり合っている事も大きいので、あせら存在しないで見つけていきましょう。

 

 

 

 

はじめに、はじめに、基礎体温をつけましょう。
基礎体温は、朝、目覚めて体を動かす前に婦人体温計を舌の下にはさんで計った体温です。

 

体温の変化を手続きの審査する現象に対してもホルモンの分泌体がわかり、体が正常な身体であるかどんな風にか、どこに猛烈があるかを類推する話ができます。
正常な近況であれば、黄体ホルモンにより排卵日を境に、低温期と高温期に分かれます。
妊娠せずに次の月経がくると今後も低温になります。

 

 

 

基礎体温
ダイエッターの基礎体温の動き

 

●こんなカタチの基礎体温の動きに警戒して!
そのようなカタチの基礎体温の動きに注意して!

 

●月経周期に合わせた検査

 

卵胞期(卵胞が発育している、ということは卵胞ホルモンが分泌されている期間内)の検査

 

?ホルモン検査(基礎値)LH/FSH/卵胞ホルモン/プロラクチン
?超音波
?子宮卵管造影検査(HSG)
?卵管検査(通気・通水)

 

 

黄体期(黄体が形成、言い換えれば、黄体ホルモンが分泌されている期間中)の検査

 

?ホルモン検査(黄体ホルモン)
?超音波

 

排卵期(排卵は低温から高温の移行期に起こる。最近では妊娠しやすそうな時期)の検査

 

?ホルモン検査(LH/E2)
?頸管粘液検査
?ヒューナーテスト
?超音波

 

表:太り気味の人ホルモンと基礎体温の関係

 

●月経周期を問わない検査

 

?問診
?内診
?超音波(エコー)
?クラミジア抗原抗体検査
?性病検査(梅毒・淋病)
?子宮頸がん検査、子宮体がん検査
?基礎体温
?抗精子抗体検査

 

 

 

人工授精

 

排卵の時間に合わせて精子を人工的に子宮内に送り込み自然な妊娠を予想する作戦です。
人の卵管がちゃんと通っているというものが要件で、精子のランニング性が悪かったり、子宮頸管粘液が少ないときに行われます。
人工授精

 

[人工授精の流れ]
人工授精の流れ

 

一般的には排卵は1周期に1回のペースで起きます。ただし、正常に排卵されないなどの際、卵巣を刺激して卵胞を育て排卵を促します。今回の卵巣刺激に使われるのが排卵誘発剤です。
通常に作用の緩やかな飲み薬から始まりし、効用がみられない折には作用の強靭な注射薬を使用します。最近では、自宅等で注射できるペン型製剤が発売されています。

 

医療機関を受診のうえ、医師にご相談ください。

 

- 排卵誘発剤の副作用
・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
・多胎妊娠
・子宮頸管粘液の減軽

 

- AIHとAID
人工授精には夫の精子を使用するAIHと、提供者の精子を使用するAIDがあり、我が国では人工授精といえば夫の精子を動作するAIHをさします。

 

※排卵誘発剤は、ダイエットしたい人の状態に合わせて処方されます。医療機関を受診のうえ、医師にご相談ください。

 

生殖予備医療(体外受精・顕微授精)

 

今に至るまでの治療で妊娠しない事例に活用されるのが、体外受精、顕微授精などの生殖アシスト医療で、ですが高度な治療といえます。
もし、卵管が閉塞している、精子が極端に少しのなどの事例があてはまります。

 

 

体外受精と顕微授精は、受精の方法に違うためがあります。

 

 

 

体外受精(IVF)

 

卵子と精子を1つのシャーレの中で混ぜ合わせ、自然の力に任せて受精させる。

 

 

体外受精(IVF)

 

 

 

顕微授精(ICSI)

 

顕微鏡下で精子を卵細胞質へダイレクトに注入するアプローチ。不妊原因が男性側にある重度の欠精子症や無精子症などの瞬間に適用される。

必読の不妊治療 妊娠関連の電子書籍

更新履歴